いよいよ梅雨入りしましたね。 ジメジメとした空気についつい気分まで暗くなりがちです。

しかし、梅雨が開ければいよいよ夏到来です。夏といえば海水浴に、バーベキューに、旅行。そして私たち食品業界にとっては大事なお中元シーズンの到来です! 多少無理やりな展開ですが、そもそもお中元とはなんなのでしょうか?

・一般的なお中元の意味

「道教に由来する年中行事。本来は旧暦7月15日だが、日本では新暦7月15日または8月15日とされ、このころに、お世話になった人々に感謝の気持ちを込めて贈り物をする。この習慣をお中元と呼び、「いかがお過ごしですか」の季節のあいさつの一つ。」

とあります。 一番大事なところは「大切な人に感謝の気持ちを込めて」というところではないでしょうか?

 

年々お中元で贈り物という風習が若い方を中心に減ってきているようですが、こういう節目のイベントを利用し日頃の感謝を伝える事は年齢に関係なく大切なことだと思います。 逆に若い方にこそ、普段なかなか言えない感謝の気持ちを伝える良いチャンスとして活用して欲しいですね。 私共の会社でもお中元カタログをご用意して毎年多くの方にご利用いただいておりますが、やはりお中元を毎年きちんと送られるお客様は企業にしろ個人にしろ、人との関係を大切にされる方が多いように思いますし、人間関係も良好な方が多いのではないでしょうか? そこには相手の気持ちを想い、日頃の感謝の気持ちを伝えたいという「想い」が相手に伝わっているからだと私は思います。

 

そうしたお客様の大切な「想い」を商品という形に変えてお届けし、送った方にも、送られた方にも喜んでいただくことが我々の使命であり、喜びであると私は考えます。まだまだ至らない点だらけですが今年も大切な方へのありがとうの「想い」を中王食肉のお中元と共にお届けいたします。

お中元型録 2014