ミート文化のクリエーション企業 | Creating Culture of Meat

安全・品質-SQFシステム レベル3を取得

安全・品質の追及

中王食肉では、愛知県内で先駆けて、”愛知県HACCP導入施設”及び世界認証規格である”SQFシステム レベル3″を取得し、最新の食肉衛生工場で、お客様の要望に応えています。

sqf2000-tree
sqf_footer

GFSI(世界食品安全イニシアチブ)は、SQFを認証規格として唯一承認しており、世界の流通小売業界が導入を推進しています。

世界におけるSQFシステム導入例

ウォルマート・メトロ・カルフール等

日本におけるSQFシステム導入例

企業:イオン・SEIYU・CGC等
業界:日本ハム・スターゼン・エスフード・全農等
日本全国展開されている大手食品メーカーに先駆け、三河地区での認証取得は食肉業界で第1号となる。

ISO9001 & ISO22000 & SQF2000 & HACCP の比較

ISO9001 & ISO22000 & SQF2000 & HACCP 比較表 
ISO9001 ISO22000 SQF2000 HACCP
安全危害分析 ×
安全管理システム
安全管理マネージメント
品質危害分析 × × ×
品質管理システム ×
品質管理マネージメント ×
トレーサビリティー
人的資源の管理
GFSI認証規格 × ×
製品への認証マークの使用 × × ×
対応業種 全業種 食品産業 食品産業 食品産業

愛知県HACCPに関する詳細
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points)とは危害分析(HA)・ 重要管理点(CCP)と呼ばれ、最終製品の検査によって安全性を保証しようとするのではなく、製造における重要な工程を連続的に管理することによって、ひとつひとつの製品の安全性を保証しようとする衛生管理の手法です。
HACCPは、製造者自らが作成するものであり、アメリカ、EUでは既に一部の食品について義務化されており、わが国でも、現在、乳・乳製品・食肉製品・魚肉練り製品・容器包装詰加圧加熱殺菌食品及び清涼飲料水について、厚生労働大臣による承認制度が設けられています。HACCPで管理することにより、製造基準の定められているこれらの食品を、基準以外の方法で製造することが可能となっているなど、世界的な風潮としてこれらの食品の衛生管理に不可欠なものとなってきています。
SQFシステムに関する詳細
SQFシステム(Safe Quality Food System)は、オーストラリアで開発され、HACCPとISOを組み合わせた仕組みであり、食品の安全と品質を確保することを目的とした国際的認証システムです。中王食肉㈱は、お客さまへ安全・安心な商品を提供するためにSQFシステムの導入に取り組み、認証取得とその継続維持に努めております。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0566-22-8765 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら